街のほっとステーションで「いつもの」

行きつけの店と言うと、居酒屋とかカフェとかを思い浮かべますね。
席に着いて「いつもの」で通じる世界は若い頃の憧れでした。

 

時は流れ、いつまでたっても稼ぎの悪い私にはオシャレなカフェを行きつけにすることなどできません。
ですが、そんな私にも「いつもの」が通じる店はあります。
コンビニです。

 

仕事終わりに毎日寄っていると、けっこうすぐ覚えてもらえるものなのです。
お店に入り、雑誌をチェックし、缶コーヒーを取ってレジに向かうと、そこには既に私のタバコが準備されています。
凄い、「いつもの」の一言もいらないんだ〜
ありがたいことではありますが、私の禁煙がいつも24時間と続かないのはコレも理由の1つです。
次に禁煙する時はコンビニ断ちしないとだめかな〜
でもね、ついつい立ち寄っちゃうんですよね。

 

仕事がら早朝に利用することが多いのですが、特にこの時期はバイク通勤している私には大事な大事な「ほっと一息」タイムなのです。
温かいコーヒー飲んでタバコ一服すると1日の疲れが癒されるのです。
バイト上がりの店員さんとバイクの話したり、人生相談に乗ったりもしましたっけ。
今でこそ街にコンビニが溢れ、そのほとんどが24時間365日営業です。
私もそれが当たり前だと思って利用していますが、時々「ありがたいなぁ〜」ってしみじみ思います。
競争も激しいと思いますが、幸いなことに私の行きつけは10年以上続いています。
このままずーっと続いてくれることを願います。
その為にも、、、毎日コーヒーとタバコ買いますよ^^

 

余談ですが、
最近は缶コーヒーではなく、今流行の淹れたてコーヒーにはまっています。
私がレジに向かうと、店員さんが「いつもの」私のサイズのカップをコーヒーマシンにセットするのが見えます(笑)
ありがたいことです。